top of page

お母さんが安心して

​子どもに食べさせてあげられるパン作りをお手伝いします

17924666864096094.jpg

ごあいさつ

こんにちは。

広島県尾道市でグルテンフリーのパン教室hope(ほぺ)を主宰している石井友梨です。

広島県尾道市の自宅で、100%米粉で作るグルテンフリーのパン教室をしています。

大手料理教室でパン・ケーキの講師として勤務し、退職後、2016年から自宅で2人の育児をしながら、小麦のパン教室hope(ほぺ)を運営し始めました。

なぜ米粉(グルテンフリー)専門の

パン教室になったのか

私がグルテンフリーのパン作りを始めたのは

2017年の秋ごろからだったと思います。​

長女の小麦・卵・乳アレルギーが発覚したことをきっかけに

娘も安心して食べられるパン作りの研究が始まりました。

はじめは餅のような、外郎のような・・・

とてもパンと呼べるようなものではありませんでしたが

段々とふっくらもちもちした触感の

娘が食べられて、しかも美味しい!と言ってもらえる

米粉のパンが焼けるようになっていきました。

子どもの食事に困っているお母さんの助けになりたい

娘のアレルギーは徐々に改善していき、少量なら市販の小麦パンも食べられるようになってきましたが

同じようにアレルギーを持つ子のお母さんが

「あれもだめ、これもだめ・・・」

と子どもの食事に困っているのではないか?

私に何かできることはないか?と思い

小麦のパン教室と並行して米粉のパンもメニューに加えました。

日本人なのでパンよりもお米を食べれば良いのですが、子育てをしている中で、パンというのはとっても手軽に食べさせてあげられるものの一つだということを実感しています。

手が汚れないのでつかみ食べにもぴったりだし、外食にも持って行きやすい。また、おやつに食べさせてあげたりと、忙しいお母さんの強い味方だと思っています。

アレルギーがあっても

みんなと同じものを食べさせてあげたい

アレルギーを持っている子のお母さんであれば

みなさん同じように思っていると思います。

その想いをなるべく叶えられるよう、グルテンフリーのパンは卵も乳も極力使用していません。

(使用しているものも、除去可能な範囲です)

近年はアレルギーに限らず、グルテンを控える方が随分と増えてきました。

《グルテンフリー》という言葉も随分と浸透してきましたね。

 

「体にやさしいパンを作る教室でありたい」

「グルテンフリーをきっかけに、

食への意識を高めるきっかけになりたい」

そんな思いが強くなり、2022年4月より教室名を

「グルテンフリーのパン教室hope(ほぺ)」へ変更し、

米粉専門のパン教室としました。

一人でも多くの方にグルテンフリーのパンがあることを知っていただき、選択肢の一つにしてもらえるよう、

そして健康や食事に気を遣われている方の、日々の食事のお手伝いができるよう、メニューを作っていきます。

まだまだ発展途上段階ではありますが

なるべく体に優しい材料を使ったグルテンフリーのパンを一緒に作りませんか?

お会いできることを楽しみにしております。

​グルテンフリーのパン教室ほぺ

​石井友梨

bottom of page